ちょっと主婦でもできるキャッシングの知識も知っておく

主婦でもお金を借りることのできるキャッシングは、多くの人に利用されており、
人気の金融サービスとなっています。

かつては、キャッシングを利用するには、
正社員などのコンスタントな月収が条件になっていました。

しかし最近は、様々な人がキャッシングを利用できるようになっていて、
主婦や学生でも融資が受けられるようになっています。

主婦がキャッシングを利用するために申し込みをする場合には、
前もって気を付けておきたいことがあります。

日本の法律ではキャッシングに関する総量規制という決まりがあり、
借入が認められている金額は、合計が年収の3分の1以下と定められています。

最近は、働く主婦も大勢いますが、
キャッシングの借り入れ希望額が年収の3分の1をオーバーしている場合は、
総量規制がありますので、審査に引っかかってしまいます。

専業主婦でお金を借りたい場合には、配偶者貸付制度か銀行のローンであれば、
利用することが可能です。自分の収入がなくても、配偶者の収入があれば、
その3分の1まで融資を受けられるというもので、
条件として配偶者の同意を得なければなりません。

また、銀行からの融資は総理用規制の対象になっていませんので、
希望額によっては主婦でも融資を受けることがあります。

主婦でも申込みが出来ますが、
やはりパートナーに一定の収入があることが前提となるケースがほとんどのようです。

申し込み書類に正しい情報を書くことや、
他社からの借り入れはない状態にしておくことなどが、
審査に通りやすくなるコツです。

金融会社は、キャッシングを希望する主婦が、貸したお金をしっかり返せるかどうかを、
書類の内容や、正確性から見極めているものです。
株で儲ける

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です